赤井英五郎のwikiプロフィール!大学や両親と兄弟は?英語ペラペラ?

スポーツ

 

赤井英五郎さんがプロボクサーとしてデビュー、イケメンで実力もヤバいと評判です。

この記事では、赤井英五郎さんのwiki風プロフィールや経歴と、スゴ過ぎる家族や英語力などについてご紹介します。

基本情報

Wiki風プロフィール

最初にプロボクサーの赤井英五郎さんのWiki風プロフィールを、ご紹介していきます。

【赤井英五郎(あかい・えいごろう)】
* 生年月日:1994年9月22日(2021.9.11現在、26歳)
* 出身地:東京都世田谷区
* 身長:179㎝
* 体重:72.2㎏
* 特技:フットボール

デビュー戦のある2021年9月に、赤井英五郎さんは27歳を迎えます。

ボクシング選手としては少し遅いスタートですが、ボクシングを始めてすぐに頭角を現したすごい選手です。

経歴

赤井英五郎さんは、20歳でボクシングを始めました。

それまでボクシング経験はなかった赤井英五郎さん、1年も経たない2015年9月にはアマチュアデビューをしています。

デビュー戦と2回戦ともに白星。

その後、全日本アマチュア選手権に出場し、ベスト8に進出。

2018年12月の全日本社会人選手権では、1回戦から3連続KO勝ちで大会初優勝を飾りました!

ものすごい快進撃です。

そしてボクシングを始めたきっかけでもあり目標でもあった、東京オリンピックの代表選考会を迎えます。

ところがこの大会前にアキレス腱断裂・左手首靱帯断裂の大けがを負いますが、それを押して代表選考会に出場。

なんと1回戦の赤井秀五郎さんの攻めのボクシングで、ゴングから1分で相手が棄権するという勝利を手にします。

ところがやはりけがの影響は大きく、次の準々決勝で敗戦しオリンピック代表を逃しました。

しかし赤井英五郎さんは、このことをバネにしてプロに転向しボクシングを続けることを決意しました。

けがを手術・治療とリハビリで克服し、2021年9月11日に行われる東日本新人王ミドル級でプロとしてデビュー戦を闘います。

アマチュア時代からKO勝ちの多い攻めのボクシングを得意とする、赤井英五郎さん。

赤井英五郎さんは、意気込みを語っています。

「思い切りいきます。
当たればKOだと思う。
前に行って思い切りぶん殴ります」
と闘志を高めた。

ー スポニチアネックス ー

この力強い言葉に、闘志がみなぎっています。

次のページでは赤井英五郎さんの家族や大学などをご紹介していますので、ぜひご覧ください

タイトルとURLをコピーしました