田中邦衛の死の真相は何?死亡場所はどこ?認知症や施設入所の事実も?

エンタメ

俳優の田中邦衛(たなか・くにえ)さんが、2021年3月24日に88歳で亡くなっていたことが分かりました!

田中邦衛さんといえば、東宝映画の「若大将」シリーズの『青大将』として人気を博し、1980年代からはドラマ「北の国から」シリーズで幅広い世代から支持されました。

田中邦衛さんの役者としての出演がなくなって、現在を心配する声が多かったのですが、今回の訃報は日本中が悲しむ名優の旅立ちでした。

死因や場所

何が原因?

田中邦衛(たなか・くにえ)さんの死因はいったい何だったのでしょうか?

田中邦衛さんの死因は、「老衰」だったそうです。

老衰での死は下記で詳細を述べたいと思いますが、その原因になる病気があったようなのです。

ファンや一般の私たちからすれば、近況が分からなかったために、とても老衰で亡くなるようには思えない存在でしたので驚きました。

亡くなったのは自宅?

田中邦衛さんの自宅は、神奈川県横浜市磯子区にあると言われています。

老衰の場合は自宅ということも多いのですが、田中邦衛さんは自宅で亡くなったのでしょうか?

実は田中邦衛さんは、2017年12月に「自宅で療養生活中」、その後「家の2階の部屋でほぼ過ごしている」と報じられていました。

やはり自宅で亡くなったのでしょうか?

闘病と老人ホーム

認知症だった?

俺は引退

田中邦衛さんは、2013年の「週刊ポスト」の取材に対し、

  • 長ゼリフが(頭に)入らない
  • もう引退した

と語っていたことがありました。

その後、取材にも田中邦衛さんは直接話すことがなく、一緒にいる奥さんがすべて答えるようになっていったようです。

その時も田中邦衛さんは、奥さんに手をひかれる形で歩いていたそうです。

歩行困難

実は田中邦衛さんは、2015年に高熱で入院後、歩行困難になり車いすでの生活をしていました。

自宅での生活が大変なため、退院後は介護付き有料老人ホームに入居し、リハビリをしながらの生活を送っていたそうです。

2017年10月になって、やっと老人ホームを退去し自宅に戻った田中邦衛さんですが、家から外へ出ることは難しい状況でした。

近所の人が奥さんから聞いた話として、「認知症がかなり進んでいる」と沈んだ顔で周りに話しているということも報道されていたようです。

死因の遠因

田中邦衛さんの死因は「老衰」です。

この「老衰」になる経過として、「認知症の終末期」だったと考えられます。

認知症が進行すると、精神的な面だけではなく、食欲や意欲が低下して「寝たきり」になっていく経過があります。

田中邦衛さんの場合も、「認知症」が進行した結果の「老衰」だったのではないでしょうか。

家族に看取られて亡くなったということで、亡くなった場所は自宅の可能性もありますが、何とか回復を願って病院でしっかりとした管理のもと治療していた可能性が高いです。

亡くなる時に看取りを家族でできる場所は、自宅よりも病院の方が確率的にも高いのです。

まとめ

2021年3月24日、俳優の田中邦衛(たなか・くにえ)さんが、88歳で老衰のために亡くなりました。

昭和・平成と幅広い演技で多くのファンを魅了した、名優・田中邦衛さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました