大林組のCMで130歳のおおばや氏に出会った俳優は誰?年齢や経歴は?

エンタメ

大林組の新しいCMで、街角で古い建物におでこをつけている「おおばや氏」さんに声をかけた、青年役の俳優さんが登場しました!

パーカーにリュックとちょっぴりオタクっぽいきもしつつ、カブっているキャップがおしゃれだったりします(笑)

誰もが行き過ぎる街角で、「おおばや氏」さんに気づいて声をかけたり、夢の話をしたりするこの青年を演じている俳優は、いったい誰でしょうか?

基本情報

プロフィール

街角で古い建物におでこをつけている「おおばや氏」さんに声をかけたり、火星での夢の話をしたりするこの青年を演じているのは、
俳優の矢本悠馬(やもと・ゆうま)さんです!

矢本悠馬さんのプロフィールをご紹介します!

【矢本悠馬(やもと・ゆうま)】
*生年月日:1990年8月31日(2021.4現在、30歳)
*出生地:京都府
*身長&体重:161cm、50キロ
*血液型:AB型
*出身校:沖縄市立沖縄東中学校、沖縄県立コザ高等学校卒業
*特技:サッカー、卓球、テニス
*資格:原動機付自転車免許

経歴

矢本悠馬さんは実は子役として、芸能界入りしています。

2003年の映画「ぼくんち」で主人公の弟を演じましたが、オーディションに受かった理由が『やる気のない演技が評価された』という逸話があります(笑)

その後芸能界からは遠ざかっていましたが、専門学校を卒業したのちの2011年に劇団・大人計画に研究生として参加します。

翌2012年に「劇団こまつな」を旗揚げします。

個性的で味のある演技で映画やテレビドラマでの起用も多く、存在感のある俳優です。

2015年のドラマ「ブスと野獣」で、連続ドラマで初主演をつとめます!

人気俳優

出演作

矢本悠馬さんの存在感というのは、とても貴重な存在で演技力も高く評価されています。

子どもの頃の「やる気のない演技」というのは、もうないようですね!

NHKの顔でもある連続テレビ小説では「花子とアン」「半分、青い。」に出演、同大河ドラマでは「真田丸」「おんな城主 直虎」に出演。

2016年頃からはテレビドラマ「ゆとりですがなにか」「仰げば尊し」「賭ケグルイ」「きょうから俺は!!」「この恋はツミなのか!?」「トレース」「教場Ⅱ」など多数出演をしています!

映画も「ちはやふる」「君の膵臓をたべたい」「賭ケグルイ」「きょうから俺は!!劇場版」「新解釈・三國志」など多くの作品で活躍しています!

CMやMVでも多くの出演をしているんです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

頑張れる理由

矢本悠馬さんはとても多忙なスケジュールをこなしているようでとても大変なようですが、頑張れる理由があるそうです。

矢本悠馬さんは、2019年1月に一般女性と結婚されています。

この時、嫁(妻)は妊娠していることも発表、女の子が誕生しています。

矢本悠馬さんはとても家族思いで、仕事が忙しくても頑張れるのは家族がいるからとしています。

娘さんとお出かけしているようすはとても微笑ましいです!

しかも私服がおしゃれです٩( *˙0˙*)۶

芸人…(笑)

やっぱり矢本悠馬さんは、とても楽しくておもしろい性格のようです!

まとめ

街角で古い建物におでこをつけている「おおばや氏」さんに声をかけたり、火星での夢の話をしたりするこの青年を演じているのは、
俳優の矢本悠馬(やもと・ゆうま)さんでした!

大林組のCMでは、20歳前後の若者にしか見えない感じだったので、30歳・パパというのにも驚きました(^_^;)

矢本悠馬さんは今までの努力が高く評価され、演技派俳優として着実に進んでいるようですね!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました(^▽^)/

【関連記事】

大林組2021年CMの130歳のおおばや氏は誰?年齢や経歴と似ている芸能人は?【動画あり】

コメント

タイトルとURLをコピーしました