つながる古民家隠居屋(松戸市)のイベント&店舗情報は?カフェメニューは?【人生の楽園】

話題

「人生の楽園」で紹介された、「つながる古民家 隠居屋」(千葉県松戸市)は広い古民家をリノベーションした貸しスペースと隣の蔵カフェ「gallery&cafe雨讀(うどく)」が落ち着いた空間と時間を提供しています。

この記事では、「つながる古民家 隠居屋」と「gallery&cafe雨讀」の場所や営業時間、さらにイベント情報の確認や申し込み方法とカフェメニューや値段などの情報をご紹介しています!

場所とアクセス

「つながる古民家 隠居屋」と「gallery&cafe雨讀」へは、JR常磐線松戸駅より徒歩20分以内の場所にあります。

松戸駅からバスを利用することや車で行くこともできます(詳細は下記参照)。

オーナーの石井なぎささんと夫の二三夫さんの優しく丁寧な応対と、手入れの行き届いた見事な古民家と蔵カフェは地元の人たちを中心に多くの人の表現と憩いの場所として愛されています。

【「つながる古民家 隠居屋 IN kyo-Ya」「gallery&cafe雨讀(うどく)」】

  • 住所:千葉県松戸市南花島中町196
  • 電話:090-6019-6432(gallery&cafe雨讀)
  • 営業時間:レンタルスペース「つながる古民家 隠居屋」と蔵カフェ「gallery&cafe雨讀」により異なる(各項目をご覧ください)
  • 定休日:水・木曜日
  • アクセス:
    ・電車…JR北松戸駅 出口1から徒歩11分、JR松戸駅 駅ビル西口から徒歩17分、新京成線上本郷駅から徒歩15分
    ・バス…JR常盤線・新京成線 松戸駅東口から乗車「花島」下車、徒歩2分
    ・車…東京駅から首都高速7号小松川線/ルート7経由で約37分
  • 地図

レンタルスペース・つながる古民家 隠居屋

イベントの確認

「つながる古民家 隠居屋 IN kyo-Ya」で行われるイベントは、その日ごとに変わります。

今までに行われてきた主なイベントは、以下のようになります。

  • フードイベント、1日限定カフェ(キッチンあり)
  • ワンデイショップ、ミニ展示会場、ミニマルシェ
  • トークイベント、ライブ
  • 子ども食堂、0円ショップ

この他にもいろいろな使い方がされそうです。

これからどんなイベントが行われる予定なのかは、「つながる古民家 隠居屋 IN kyo-Ya」さんのインスタグラムで確認することができます。

↓ 5月の予定

URL https://www.instagram.com/in_kyo_ya/

イベントの申し込み

「つながる古民家 隠居屋 IN kyo-Ya」を借りて、ワンデイショップやイベントをしてみたい場合はメールでの問い合わせになります。

申し込み受付の代行をしているのが「omusubi不動産」さんです。

注意として「 隠居屋 IN kyo-Ya」のコンセプト、地域の人びと・クリエイターやアーティストなどの様々な人がつながる場所ということを理解した上で申し込むようにとなっています。

「つながる古民家 隠居屋 IN kyo-Ya」利用には、事前に「ご利用申込フォーム」に名前やメールアドレス、電話番号や希望の日時やプランなどを入力して送信します。

プランは3つで、使用箇所(土間、キッチン、小上がり)や曜日・時間帯によって変わります。

  1. 古民家カフェプラン
  2. 古民家レンタルスペースプラン
  3. 古民家まるまる貸し切りプラン

詳細は下記の「ご利用申込フォーム」に、『ご利用別タイプ料金のご案内』として条件も含め記載されています。

「隠居屋 IN kyo-Ya ご利用申込フォーム」
https://www.omusubi-estate.com/?b=inkyoya

蔵カフェ・gallery&cafe雨讀

口コミ

隣接する蔵カフェ「gallery&cafe雨讀(うどく)」は、ゆったりとした時間とおいしい季節を感じられるドリンクとデザートを提供しています。

まずは、地元のお客さんの口コミをご紹介します。

松戸市に大正時代の古民家を改装したレンタルスペース「隠居屋」 その敷地内に凛とした雰囲気の古民家が鎮座している

そして洗練された石畳の歩道を奥に進むと別棟にカフェ「雨讀」がある

(中略)

ドリンクの中からお薦めの「ブレンド 」と デザートは出来立ての「チーズケーキ」をお願いする

それから ブラジル コロンビア タンザニアがブレンドされた1杯を1口… うん それぞれがジャマすることなくまとまった風味になっていて それに和テイストのチーズケーキがよく似合う

正直 この辺りは交通量が多く こんなに優雅で落ち着いた庭園があるとは誰も思わない ここだけ別の空間のように洗練された ” 日本 ” がある

そう店名の元になった ” 晴耕雨読 ” のような住家 ご主人 奥さま ごちそうさまでした。

Retty

これだけでも、和の空間でゆったりと落ち着いた時間を過ごせることが分かりますね。

メニューと値段

気になる「gallery&cafe雨讀(うどく)」のメニューは、シンプルですがとても嬉しいお値段です!

【コーヒー(各¥450)】

  • 雨の森ブレンド(甘い香りとすっきりした味)
  • 風の庭ブレンド(心地よい苦み、かすかな甘み)
  • 本日のコーヒー
  • アイスコーヒー

【紅茶(各¥450)】

  • 山の紅茶(静岡県天竜川上流、紅ふうき)
  • アイスティー

【その他メニュー】

  • 本日のジュース ¥450~
  • 本日のケーキ ¥450~
  • 本日のマフィン ¥350~

これに素敵な庭やギャラリーを楽しむことができるなんて、お値段以上の価値ありですね!

ギャラリーのコンセプト「巨匠お断り」で、若いクリエーターやアーティストを応援する姿勢もとても素敵です。

「gallery&cafe雨讀(うどく)」の営業時間と定休日は下記になります (๑•᎑•๑)♬*゜

  • 営業時間:12:30〜17:30
  • 定休日:水・木曜日

日曜日も営業してくれています。

「gallery&cafe雨讀(うどく)」は15席ですが、予約もできるところが嬉しいですね (๑•᎑•๑)♬*゜

まとめ

今回は「人生の楽園」でも紹介された、「つながる古民家 隠居屋」と「gallery&cafe雨讀」の場所やイベント情報についてとカフェメニューなどをご紹介しました!

広い日本庭園と国宝級の古民家と蔵カフェ、魅力がいっぱいですね!

私も予約をして一度行きたいと思います ✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました