レースアップサンダルはいつからいつまで履く?目安やおすすめコーデは?

生活

暖かくなってくると、レースアップサンダルが履きたくなりますね!

おしゃれで軽いのに、編み上げる紐で足にしっかりフィットしてくれて歩きやすい!

季節感も出せるけれど、その季節っていつからになるの?という人も多いですね!

周りから浮かずに、レースアップサンダルを存分に楽しむためにはいつからいつまで履けるのかポイントを押さえておきましょう!

レースアップサンダルを履く時期

夏アイテム

レースアップサンダルは、基本的に「夏」に一番合うファッションアイテムです。

春夏物というよりは、夏のファッションのひとつという感じですね。

春先の早すぎる時期にはレースアップサンダルは、どうしても周りから浮いてしまいます。

それだとせっかくのおしゃれが台無しになってしまいます。

ちょっと早めに楽しみたいという場合は、下記のコーデの工夫で紹介しますね!

いつからいつまで履ける?

気温の目安

レースアップサンダルを履くには、日中の最高気温が23~25℃くらいまで上がるようになったらちょうどいい時期となります。

この頃になると服装もレースアップシューズにぴったりの、夏らしいものになってきます。

いつからいつまで?

そうなると、日中の最高気温が23~25℃くらいまで上がるのは何月くらいになるかが気になりますね。

参考に、気象庁の過去のデータで月ごとの平均気温を見てみます。

今回は東京の2020年のデータをご紹介します。

【2020年4月~10月の平均最高気温(東京)】

  •  4月:18.2℃
  •  5月:24.0℃
  •  6月:27.5℃
  •  7月:27.7℃
  •  8月:34.1℃
  •  9月:28.1℃
  • 10月:21.4℃

上記のように、5月から気温が一気に上昇し10月には徐々に気温が下がっていくことが分かります。

4月の後半には暖かくなる日もありますが、レースアップサンダルを思いっきり楽しめるのは5月から9月と考えておくといいと思います。

おすすめのコーデは?

気温低めや曇りの日のコーデ

レースアップサンダルを少し早めに履きたい時は4月中旬くらいという方が多いようですが、まだ気温が少し低めですね。

また夏でも肌寒い日や曇りの日もあります。

そんな場合にレースアップサンダルを履く時には、レースアップサンダルの種類やコーデを工夫しましょう。

まずレースアップサンダルの種類は、足の甲を覆うタイプのものを選ぶといいですね!

つま先部分から編み上げるタイプやホール努力が弱いタイプだと、寒さを感じてしまう上に周りの目も気になります。

またショートパンツやミニスカートなどは、無理している感じが出てしまうのでNGです。

ロングワンピースやシャツドレスに、ワイドパンツや丈の短めのデニムなどと合わせるとさわやかさが出せていいですね!

レースアップサンダルは素足に履くのがマストなので、雨の日は避けましょう

おすすめコーデ

レースアップサンダルは、繊細なデザインとカラーがたくさんあるのが特徴です。

やっぱりポイントとしてはレースの編み上げ部分を見せるコーデをしたい、と思いますね!

暑い夏の日のアクティブでボーイッシュなファッションに、レースアップサンダルで女の子っぽさを出すととてもかわいいです。

大きめのトップスにショートパンツ、きれいめのレースアップサンダルのコーデはおすすめですよ!

また人気の続いているチュールスカートなどの透け感素材やガーゼ素材などの、ふんわりしたきれいめファッションには絶対の破壊力です!

まとめ

今回は人気のレースアップサンダルについて、いつからいつまで履くのが目安になるかやコーデなどについてご紹介しました!

ご参考にしていただいて、夏のファッション・レースアップサンダルを思いっきり楽しんでいただければ嬉しいです!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました