成清龍之介(競輪選手)の死因や搬送先病院は?経歴や成績と家族は?

スポーツ

競輪選手の成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんが、トレーニング中と思われる中で停車中のトラックに衝突し死亡されたという悲しいニュースが流れてきました。

昨年2020年3月25日にプロデビューしたばかりの成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんはまだ21歳でした。

好成績で将来を期待されていた人気若手競輪選手の成清龍之介さんが、停車中のトラックに衝突で死亡、いったい何が起きたのでしょうか?

死因や事故の原因は?

事故状況

成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんは、「停車中」のトラックに衝突したということは明確です。

トラックの運転をしていた方は事故当時、トラックを停車させ伝票整理をしていたからです。

現場は見通しの良い片側2車線の直線道路で、トラックは作業のために路肩に停車中でした。

停車中で作業していたトラックはハザードをつけていたと思われます。

警察の調べでは、成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんの「前方不注意の可能性が高い」としています。

事故原因と死因や搬送先

なぜ事故は起きたのか

成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんのホームバンクは、千葉県です。

そのためレースのない時のトレーニングには、いつも事故が起きたこの道路を利用していたのでしょう。

慣れている道であるため、普段通り車道の左側を走っていたと思われます。

そこにいつもはあるはずのないトラックが停車していたのに気づかなかったのは、競輪選手特有の自転車の乗り方があると考えられます。

競輪選手は前傾姿勢で競技用の自転車に乗り、レースでは障害物はありません。

またレースが行われるのは直線ではなく丸い競技場ですので、視界は通常の自転車での走行よりずっと狭くなります。

そのレースの態勢で視界が狭い中で直線道路を走行していたことで、前方に停車しているトラックに気づくか気づかないかのタイミングで衝突した可能性が高いです。

レース用の自転車にはブレーキはありませんので、相当のスピードで減速もかなわずに衝突したのだと考えられます。

当然ヘルメットは着用していたはずですが、それを上回る衝撃が襲ったということになります。

死因と搬送先病院は?

成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんの死因は、頭を強く打ったことが原因と発表されています。

頭を強打したことによって死亡するとなると「頭部外傷」による頭がい骨骨折、脳しんとう、脳挫傷などになり、事故では最も起こりやすい死因です。

ヘルメットを着用していたはずの成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんの場合は強烈な衝撃によって脳内部などで出血等が起こり死因となった可能性が高いです。

警察の発表では成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんは、搬送先で死亡が確認されたということですが、状況としては即死に近い状態だったと思われます。

搬送先の病院は、現場である千葉県袖ケ浦市の救急指定病院「袖ケ浦さつき台病院」が一番近く袖ケ浦市唯一の救急指定病院です。

21年の命の軌跡

人物

亡くなった競輪選手の成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんは、笑顔のさわやかな明るい青年でした。

中学・高校は野球部に所属していましたが、父の成清貴之さんも元競輪選手、叔父の成清謙二郎さんも同じく競輪選手です。

成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんの師匠は、叔父の成清謙二郎さんでした。

高校卒業後の養成所時代にその才能は努力とともに開花し、デビュー時には「競輪界のホープ」と呼ばれる実力を持っていたのです。

プロフィール

個人プロフィール

成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんのプロフィールをご紹介します。

【成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)】
*愛称:なり
*生年月日:1999年10月18日生まれ
*没年:2021年2月24日(享年21歳)
*出身:千葉県
*身長:179cm
*体重:77.6キロ
*血液型:B型
*胸囲:92.5cm
*太もも:61.5cm
*背筋力:169.0キロ
*好きな食べ物:オムライス
*嫌いな食べ物:かぼちゃ

成績

2020年3月25日にデビューした、成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんの競輪での競技10か月の成績をご紹介します。

通算22戦10勝
優勝2回成清龍之介選手の全成績
広島③⑤③
伊東⑦⑤③
本デビュー
四日①②❶
小田①①❷
弥彦②①❹
宇都①①❶
松戸①①落
広島❻

世間の反応

成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんの急逝のニュースを受け、ファンの方の悲痛な声が寄せられ続けています。

まとめ

成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんは、「競輪界のホープ」として期待されていました。

それは何より、養成所時代からの本人の努力と実力が評価されていたからにほかなりません。

成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんのデビュー当時のコメントが遺されています。

本当に若過ぎる、そして競輪にとことん打ち込んでいるさなかの事故、残念としか言えません。

成清龍之介(なりきよ・りゅうのすけ)さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました